銀行カードローンでおまとめするメリットデメリット

おまとめローンとは?

「借金が何件もあり、返しても返しても減らない」
「月に何度も支払日があって管理に困る」
「借金がいくつもあり、月々の返済が厳しくなってきた」

など、複数ある借金に困っているという方がいらっしゃいます。カードローンやキャッシングは一時的にお金が足りないときにはたいへん便利なものですが、限度枠内で何度でも繰り返し利用が可能なため借りすぎてしまう方は少なくありません。また、生活環境の変化から返済状況が変わってしまって月々の返済が苦しくなってしまうという方もいらっしゃるでしょう。

次の返済日を乗り切る為に、新たに別のカードローンを契約して返済に充て、そうしてどんどんと借金が増えていってしまい自転車操業のような状態になり返済が行き詰まるようになれば、自己破産など債務整理の可能性も出てきてしまいます。そうなるまえに、こうした複数ある借金を一本化することができるのがおまとめローンです。

おまとめローンで借金を一本化することで、月々の支払いの負担が減ります。支払うところがひとつになれば、月に何度も支払日に追われることもなくなりますからお金の管理が楽になりますし、またひとつにまとめることで金利が軽減できれば、返済額の圧縮も期待できます。おまとめローンはこのように、多重債務を一本化して月々の支払い負担を減らすだけでなく、今後の返済を楽にすることが期待できるものなのです。

いろいろとあるおまとめ方法

複数ある借金をおまとめ目的でお金を借りる方法というのは、実はいろいろあります。

・銀行のおまとめローンを利用する
実は、銀行で「おまとめローン」という名称でローン商品として扱われているのは東京スター銀行などごく一部だけしかありません。銀行のおまとめ専用ローンの場合、上限金利がはじめから低い設定となっているため利用できれば総返済額の引下げや毎月の返済額の軽減ができる可能性が高くなります。融資限度額も高くおまとめの際には真っ先に検討したいローンではありますが、申込資格があるなど審査が厳しいという口コミも多くあり注意が必要です。審査には時間がかかるため、一般的なカードローンよりは時間がかかると思っておいたほうがいいでしょう。また、基本的には返済専用のローンのため、カードローンのように繰り返し利用はできないのですが、東京スター銀行のおまとめローンの場合にはローン残高が利用限度額を下回っている場合に限度枠の範囲内で繰り返し利用が可能になるようです。

・消費者金融のおまとめローンを利用する
消費者金融にもおまとめローンがあり、総量規制の例外として年収の3分の1を超える貸付が可能となります。消費者金融のおまとめローンは銀行のおまとめローンと比べると審査にかかる時間が短く審査が比較的柔軟という特徴があります。おまとめローンですので返済専用です。しかし、上限金利が18%など通常のカードローンと同等の高い金利のものが多く、また限度額も300万円など銀行のおまとめローンと比べると低いです。まとめることである程度の額になれば多少低い金利の適用も期待できるかもしれませんが、返済総額が目に見えて軽減できるほどの効果は期待できないかもしれません。しかしながら、毎月複数あった返済日をひとつにまとめることができる、という管理面では確実に楽になります。また、返済期間が長くなることで毎月の返済負担を減らすことはできるでしょう。

・銀行カードローンを利用する
銀行カードローンは厳密にいいますとおまとめローンではありませんが、資金使途が自由であるため借り換えやおまとめに利用することも可能です。銀行カードローンであれば金利は低金利ですし高額融資も可能ですのでおまとめすることができれば銀行のおまとめローンと同等の返済額軽減効果を得られる可能性があるのです。審査の厳しい銀行カードローンや金利の高い消費者金融のおまとめローンと比べ、銀行カードローンを利用してのおまとめは現実的であり負担軽減の期待が持てる方法と言えます。口コミサイトでも銀行カードローンをおまとめ目的で利用しているという方の書き込みは多くみられます。

実際におまとめするとどのくらいオトク?

では、実際に複数の借金をおまとめしてみるとどのくらいおトクになるのでしょうか?A社、B社、C社からそれぞれ18%で50万円ずつの借入がある場合でみてみましょう。

利息制限法では100万円以上の借入の場合上限金利は15%と定められています。よって3社でそれぞれ50万円ずつ、150万円分の借入となりますと確実に金利は15%以下になります。金利が3%軽減されることで総返済額はもちろん毎月の返済負担も減らすことができ、また返済日を月1回にできることで精神的負担も軽減することができるのです。

大手の銀行カードローンになりますと、最高金利は14%台のものも多くありますのでそちらを利用すればかなり利息の負担軽減を期待することができるでしょう。

銀行カードローンでおまとめするメリット

銀行カードローンを利用しておまとめすることのメリットは何でしょうか。まずはなんといっても金利の低さですよね。銀行カードローンはおまとめローンではないものの、おまとめローンと同等に低金利であり高額の融資も可能です。おまとめにすることで今よりも低い金利が適用されれば、返済額の圧縮が期待できます。また返済日をひとつにまとめることができるため、返済日や返済額の管理の負担は確実に減ります。

銀行カードローンの利用であればおまとめローンと比べて審査時間がかかりませんし、年収いくら以上などといった利用条件もほとんどありません。もちろん、借入額が増えることで審査は通常よりも慎重で時間がかかってしまいますが、2〜3営業日程度で審査結果が出ている方の口コミも多くみられるように、おまとめローンよりは早い可能性が高いのです。

銀行カードローンでおまとめするデメリット

銀行カードローンでおまとめするデメリットにはどういったことがあるのでしょうか?まずは、銀行カードローンに限らずおまとめローンの利用によって返済総額が増える可能性がある、という点については理解しておく必要があります。返済額を減らすためにおまとめローンを利用するのでは?と思われるかもしれませんが、おまとめローンでは毎月の返済額をとにかく減らしたい、と考えると思います。しかし、

毎月の返済額を減らすこと≠返済総額を減らすこと

ではありません。毎月の返済額は、返済総額を減らす以外にも、返済期間を長くすることで減らすことができます。そして、返済期間を長くすれば、当然のことながら支払うこととなる利息額も大きくなります。結果、毎月の返済額としては減っても、返済総額でみると以前よりも高くなってしまう、ということがあるのです。

また、銀行カードローンはそもそもおまとめローンとは違います。そのため、申込をしても希望通り借金の全額をまとめられるほどの利用限度額がもらえない可能性もあります。「おまとめローンは審査が厳しい」といっても、銀行カードローンも同様に銀行の融資ですから審査はやはり厳しいのです。

また銀行カードローンでおまとめすることによるデメリットとして「カードローンだと繰り返し利用ができてしまう」という点があげられます。カードローンにとって、限度枠内で何度でも繰り返し利用が可能というのは最大のメリットでもあります。しかし同時に、これはデメリットにもなるのです。

おまとめローンの場合、多くは返済専用ですのでおまとめした後は返済に専念するしかありません。しかし、銀行カードローンを利用してのおまとめとなりますと、そもそもがカードローンのため限度枠に空きができれば利用が可能になってしまいます。そのため、完済しようという強い意志をもって利用ができなければ、なかなか完済できないというデメリットがあるのです。

銀行カードローンのおまとめ利用はこのようにメリットデメリットがあります。多重債務に悩む方にとっておまとめは賢く利用することができれば間違いなく助けになるものです。リスクをしっかりと理解して、うまくおまとめを利用してください。